■イシクラHPトップへ戻る

 
 
00

名  前

石 倉 博 幸
Ishikura Hiroyuki

生年月日

昭和41年12月17日生まれ
いて座

血 液 型

O型

就任年度

2004年度(平成16年)



こんにちは。代表取締役、石倉博幸と申します。
さて、このコーナーのコンセプトは、「親近感がわくようなタッチ」と担当者より聞いております。そういう意味で私のこのコーナーだけをみて、決してすべてだと思わないでください。「そういう面も持ち合わせているのだなぁ」と感じていただければ、と思います。
では、ごゆっくり、あまり深く考えずにご覧ください。


ゴルフ。
元々は嫌いなスポーツの一つでしたが、嫌々やらされた結果、かなりはまっています。
飲み込みが良くないので試行錯誤中です。
思い込みはすごいので、スコアはあと1年後には100前後、2年後には90を切るつもりです。

そういうものを持つのが嫌いです。論より証拠。理論より実践だと思っています。ただ、強いて自分のめざしたい価値観を一言でいうと、「洗練」とか「一流」とか「品格」という言葉になるような気がします。もちろんあくまで「めざす」って事ですよ。早く行動が一致するようになりたいですね。

カレーライス、鮨、ラーメンetc.以上、ほとんどがお子様メニューです。
成長してない証拠ですね。でも出されれば好き嫌いなく、それなりに何でも食べますよ。偏食というわけではありません。

ラッキョウ。
なぜか頑張っても食べられない。お客様の前なら飲み込むかな?

ジャンルを問わず結構なんでも聞きます。
中学校、高校の時はレコードの枚数を、多く持っていた方じゃないかな。今でもCDは200枚以上ありますね。
最近は買う頻度が激減していますけど。でも音楽は変わらず好きですから運転中、一人の場合は大音量で聴いています。

『ランボー』。
2、3作目ではなく1作目の「ランボー」。アクション映画ではあったけど、主人公に哀愁があって考えさせられる映画でした。友達と予備知識なく映画館に行って、感動して。その後、映画館に3回くらいは行きました。観た回数は10回以上でしょう。
それから『タイタニック』も。でもこの映画は映画館で観るのは嫌なんですけどね。なぜなら泣かないように我慢するのが大変で。単純なのでその後、タイタニック関連本を何冊か読みましたね。
そうそう、最近泣けたのは『ニューシネマパラダイス』。観終った時、率直に「俺も年取ったんだなあ」と思いました。たぶん、10年前では泣けなかったのでは??40年も生きると、たまに後ろを振り返りたくなりますね。

基本的にはほとんど読みませんが、『あしたのジョー』『愛と誠』はものすごく心に残っています。
両方とも梶原一騎原作です。

水野真紀(後藤田衆議院議員と結婚した女性)品が良くて好きですね。
ただ、雰囲気がタイプというだけ。ファンではないのでほとんど知らないんですが。要するに上品な女性が好きなのでしょうか??

自分の世代のアニメや特撮の歌を知っている事かな。
歌詞をみれば、かなり歌えると思いますよ。
なぜなら、自分の子供に押し付けて当時の番組がたくさん入っているCDを買って聴かせましたから。
おかげで6歳の子供も僕と同じようにみんな知っていますよ。やりすぎて、「子供が友達と話題が合わずにかわいそう」と、妻に注意されました。

優しい人が多い。
組織も感覚的にフラット感がありますね。6、7年前、部長・課長・係長という肩書きをGM・マネージャー・リーダーに変えて、社長、会長、常務以外みんな「さん」づけですからね。些細な事だけど今振り返ってみると、意外にそういう事が良かったのかも?? これからは「優しい」だけではなく、「強い」「熱い」「カッコいい」というイメージを感じたいですね。




▲TOP

HOME会社の未来像・求める人材 | どんな社長? | スタッフ紹介どんな仕事?どんな会社?ご応募・お問い合せ 
     

 Copyright 2006 Ishikura Co., Ltd. All Rights Reserved.